エリザクイーンの全成分を解説します!

エリザクイーン,成分

 

まつ毛美容液として評判のエリザクイーンですが、本当に効果があるのか疑問ですよね。

 

そこで一つひとつの成分を見ていきながら、エリザクイーンにまつ育効果があるのか確認したいと思います。

 

 

リデンシル

 

リデンシルは、セイヨウアカマツ球果エキス(マツエキス)、チャ葉エキス、塩化亜鉛、グリシン、ピロ亜硫酸Naから構成されています。

 

再生医療で話題の幹細胞を活性化し、毛母細胞を増やします。まつ毛は毛母細胞から作り出されるので、毛母細胞が増えればまつ毛が増えることになります。

 

また、コラーゲンを生成する繊維芽細胞を活性化する性質もあり、まつ毛が育つ土台も作ってくれます。

 

 

キャピキシル

 

アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス(植物エキス)から構成されています。

 

脱毛を促す5αリダクターゼという酵素の抑制し、まつ毛を抜けにくくします。また、毛母細胞を活性化し、まつ毛の固定力が上がることで脱毛を防止します。

 

 

ワイドラッシュ

 

ワイルドラッシュは、ペプチドとパンテノールから構成されています。

 

ペプチドも毛母細胞を活性化しますが、まつ毛の成長期間を伸ばす方向へ働きます。

 

パンテノールは、新陳代謝を高めまつ毛の成長を促します。また、受けたダメージを内部から修復します。

 

 

オタネニンジン根エキス

 

新陳代謝を活性化し、血液の巡りを良くします。まつ毛を育てるための栄養を効率よく届けるのをサポートします。

 

また殺菌作用もあり肌トラブルを防ぎます。

 

 

ポリアミン

 

ポリアミンは、第一級アミノ基が3つ以上結合した直鎖脂肪族炭化水素の総称です。少し難しい説明でしたが、納豆などの大豆発酵食品に含まれる成分で、私たちの細胞にも存在する成分です。

 

まつ毛は毛母細胞が分裂することで生成されますが、この細胞分裂を促す役割があります。

 

 

ナツメ果実エキス

 

クロウメモドキ科の落葉高木の果実から抽出される成分です。昔から食用や生薬としても使われてきました。

 

まつ毛の成長を促進することで長くする効果があります。

 

実際に、資生堂において効果測定されレポートが発表されています。

 

⇒資生堂、まつ毛を長くする成分を発見~ 「ナツメ果実エキス」がまつ毛の成長速度を促進 ~

 

 

加水分解ケラチン

 

皮膚や髪をつくるたんぱく質です。まつ毛の80%はたんぱく質のケラチンで構成されています。

 

注意点は、塗っても直接吸収されてまつ毛になるわけではありません。ただし、同じ組成であることからよくなじみ、補修やコーティング剤として働き外部からのダメージを防ぎます。

 

 

セイヨウサンザシ果実エキス

 

セイヨウサンザシというバラ科の植物から抽出された成分で、ビタミン類、タンニン、フラボノイドなどが含まれています。抗酸化作用や抗炎症作用があり、肌トラブルを予防してくれます。

 

 

カシア樹皮エキス

 

カシアはクスノキ科の樹木で、この樹皮から抽出した成分です。スパイスとして普及しているシナモンの原料でもあります。

 

血行促進作用があり、抜け毛予防や成長促進をサポートします。

 

 

アルギニン

 

アミノ酸の一種、成長ホルモンの分泌を促進してくれます。しかし、これはあくまで経口摂取した場合のことです。

 

正直、アルギニンを直接塗ってもまつ育効果は期待できません。なぜ配合されているのかは疑問です。笑

 

ただし保湿成分ではあるので、肌環境は整いやすくなります。

 

 

ビオチン

 

ビタミンBの一種です。まつ毛の原料であるケラチンの生成をサポートするのがビオチンです。

 

これもアルギニンと同じように体内摂取した場合の話で、塗ってもまつ育効果は期待できません。

 

改善点はあるが、エリザクイーンはまつ育効果成分がしっかり含まれていた

 

エリザクイーン,成分

 

正直な話、不要と思われる成分が入っているのは残念です。次回リニューアルした時に改善してくれると嬉しいですね(値下げも含めて。)

 

しかし、リデンシル、キャピキシル、ワイドラッシュなど、研究により発毛・育毛効果が確認されている成分もしっかり入っているのは事実です。

 

まつ毛が長いと目力が増し顔の印象もガラッと変わります。

 

つけま、マスカラ、マツエクなど、お手軽にまつ毛のボリュームをアップする方法もありますが、ご存知のとおりデメリットも多いです。

 

やはり自まつ毛が育つのがベストですよね。

 

まつ育するならエリザクイーンのように効果が期待できる成分を含むまつ毛美容液を使いましょう。

 

⇒エリザクイーンは危険?副作用が起きないのか徹底調査